カードローンとキャッシングを比較してどちらが自分に適しているか考えてみました

給料日の前になると必ずお金が不足し

給料日の前になると必ずと言っていいほどお金が不足し、親や友人に泣きついて貸してもらうことがよくありました。
けれど、そんなことが続くとさすがに自分のことが情けなくなってしまい、一人前の大人としてお金のやりくりくらいはしっかりとやろうと心がけるようになりました。
そうは言ってもお金の支払いというものは、こちらがどれだけお金が不足しているタイミングでも容赦なく舞い込んでくるもの。
私の場合、ちょうど仕事の新規取引先との打ち合わせや顔合わせを兼ねた飲み会が頻発する時期と重なり、この費用をどうにかしようと考えた挙句、消費者金融から借り入れしようと思い立つようになりました。
実を言うと私はこれまで一度も借り入れを行ったことがなく、今回が初めて。
キャッシングやカードローンといった借り入れ方法であれば担保を用意したり、保証人を設定する必要もなくあくまで自己責任のもとで借り入れできるといった点も私にとって大きなメリットでした。
しかしここで問題が生じました。
カードローンとキャッシング、どちらが適しているのかわからなくなってしまったのです。
そもそも私には両者が同じようなものに感じられて根本的なところの理解が至っていなかったのですが、ネットの公式サイトなどをチェックしてみると少しずつその区別や比較ができるようになってきました。

給料日の前になると必ずお金が不足し | カードローンとキャッシングの違い | 暮らしが嘘のように楽になりました