カードローンとキャッシングを比較してどちらが自分に適しているか考えてみました

カードローンとキャッシングの違い

そもそもキャッシングとは少額融資を意味する言葉で、最低額だと一万円から融資が可能です。
その方法もネットや電話、店舗窓口、郵送、またはクレジットカードを使って専用ATMから引き出すなど様々な方法があります。
今でこそ様々な返済方法がありますが、以前は一括返済が一般的だったようです。
一方のカードローンは事前に個人カードを発行して、融資限度額の範囲内において近場のATMから自由に融資金を借り入れることができます。
この限度額はキャッシングに比べると実に幅広く、数万円レベルから数百万円といった高額のレベルまで借り入れできる場合もあります。
また返済は月々の分割リボルビング方式が採用されています。
果たしてどちらの方法が自分に合うのかを比較する上で、重要になったのが希望している借り入れ金額と、それを必要とする頻度でした。
一回の飲み会費用はだいたい1万円を想定していて、それが週一回続くと4万円になります。
その都度、1万円を借り入れるのであれば手軽かつスピーディーに申請できて銀行口座に即座に振り込んでもらえるキャッシングが便利なのは目に見えていますが、これが週一のペースで頻繁に続くとなると、やや複雑になってきます。
この場合、むしろカードローンを使った方が自分の裁量や判断にてATMに駆けつけて借入操作ができますし、さらにコンビニの店内ATMを使えば24時間いつでも借入できるのも便利な点です。
そしてカードローンであれば借入期間が長い分だけ金利の設定も低く設定されている場合が多く、長期間をかけてゆっくりと返していきたい場合にはこちらが適していると言えそうです。
これらのポイントを総合的に比較した上で、私はカードローンの方が自分に合っているのではないかと考えました。

給料日の前になると必ずお金が不足し | カードローンとキャッシングの違い | 暮らしが嘘のように楽になりました

山形第一信用組合 / カードローン おまとめ